恋愛や結婚の相談なら

この記事の所要時間: 34

今回は運命を占うことを目的とした占いの種類を紹介したいと思います。まずは【紫微斗数】という占いです。読み方は「しびとすう」となります。中国で昔の仙人とされる人が作ったと言われている占いです。

この【紫微斗数】というのは、日本では馴染みは薄かったのですが、中国や台湾のほうでは結構ポピュラーな占いとして定着していました。最近では日本の方でも知られる存在となってきています。

鑑定方法としましては太陰太陽暦を利用しています。相談者の生年月日をもとにその人の特徴やこれからの運命を導き出すというものですね。

北斗七星と南斗六星が重要なもの

また『星』というのも【紫微斗数】では重要なものになっています。その中でも北斗七星と南斗六星が重要なものとされているようです。

ではこの【紫微斗数】はどういった事象についての占いに適しているのかと言いますと、それは恋愛や結婚についてです。なので自分のこれからの恋愛や、いつ結婚ができるのかなどが気になった場合には、電話占いのサイトでこの【紫微斗数】を扱う占い師がいないかを調べてみましょう。

いたらその人に相談して、自分のこれからの恋愛や、いつ結婚ができるのかなどを相談してみると良いと思います。そうすれば貴方が満足するような占いをしてもらえるはずです。

【占いの手法は数あれど・・・優良サイトは限られています!】
そんな限られた優良占いサイトのみを紹介している当たると評判の占いサイトの口コミが気になるサイトが評判の占いサイトを徹底調査!!当たる占いサイト口コミランキングです!

自分の頭の中で作り上げた先生は…

自分は占いが大好きでした。小学生の時から「マイバースディ」と言う雑誌を毎月購入し、隅から隅まで見落とさないように自分の乙女座の欄をチェックしていました。

その雑誌を購入していた時から、かれこれ20年以上が経ちますが当時執筆をなさっていた先生の中には、今でも有名な占い師として活躍されておられる方がいます。

マドモアゼル愛先生や鏡リュウジ先生は今でも大活躍です。子供の自分は、愛先生はキラキラしたようなロマンティックな先生で、鏡先生は星の王子様のような方なんだろうなぁ~と、心ときめかせながら雑誌を読んでいました。

衝撃的な事実を耳にしてしまった

そして大人になった今、衝撃的な事実を耳にしてしまったのです。占いは高校生の時にどっぷり浸かり過ぎてほどほどにしようと思い、大人になってからほとんど見なくなりました。

占いの事はすっかり頭から離れていたところ、知人との何気ない会話の中に「マドモアゼル愛先生」の名前が出てきて、懐かしいなぁ~など色々思い出していたら、先生が男性である、と言う事を知人が教えてくれたのです。

私は動揺を隠せませんでした…私の頭の中の先生は女性だったのに!、と何だか騙されたような気持ちになったのですが、誰も私の事を騙してなどいないのです。

私が勝手に思い込んでいただけの話

私が勝手に思い込んでいただけの話しなのです。にわかに信じられなかったので、自宅に帰ってからネットで検索してみると愛先生は男性の方でした。

キャンディキャンディに出てくるような乙女の雰囲気は私の脳で作られた愛先生だったのです。子供の頃に買っていた雑誌は文字とイラストのみでしたので、先生方のお姿を拝見する事など皆無でした。

ある意味、雑誌の方が占いを楽しめていたような気がしています。想像力がぐっと掻き立てられたものです。自分の脳内・愛先生はさておき、愛先生にはこれからも占い 口コミ界のスターとして活躍をお祈りするばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加